群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

こちらの方は銀歯が気になっているとのことで、虫歯治療の際にセラミックの修復物を装着しました。

 

術前

before ceramic

 

術後

after ceramic upper

after ceramic lower

 

セラミックに置き換えることで自然な美しさを回復することができました。

一方、保険治療の銀歯は審美的に不利であるだけでなく、他にも保険治療のルール内で行うための限界があります。

 

★印象精度の限界

~  3% vs 0.3%  ~

 

保険治療で一般的に使われる印象材(型どりの粘土のこと)は「寒天印象材」と「アルジネート印象材」を用いた連合印象を行います。

こちらの材料は永久歪みが3%であり、型どり→石膏模型製作→修復物製作→口腔内装着というステップの最初の段階で3%のずれが生じてしまいます。

http://157.205.15.14/insyou/cavex_alginates.html

セラミックなどの自由診療の場合は医療用の「シリコン印象材」を使用します。

こちらの材料は永久歪みが0.3%程度であり、保険診療で一般的に使用される寒天アルジネート連合印象法に比べて高い精度で印象を行うことが可能です。

 

「長持ちしますか?」という質問をよく受けます。

長持ちしない=再治療、の原因の多くはまた虫歯になることだと感じています。

セラミックでも銀歯でもそのもの自体は絶対に虫歯になることはなく、虫歯になるのは残してある歯の本体です。

術後もメンテナンスをしていくことは大事ですが、同じくらいメンテナンスをしっかり行っていくならより精度が高く隙間の少ない修復がなされている方が再治療のリスクを下げることが可能であると考えています。

 

★金属アレルギーのリスク

 

健康保険で使用する銀歯は「金銀パラジウム合金」という金属を使用しています。

パラジウムは金属アレルギーの原因になる可能性があり、検査方法にもよりますが約半数の人がパラジウムに陽性であるといわれています。

ドイツの保健省では歯科業界に対して「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行いました。

安全性という観点から世界的にはパラジウム入りの合金は使われていません。

 

私たちはこのように考えて修復材料を判断しています。

ご検討の参考にしてみてください。

 

★治療費用

<部分修復>

小臼歯セラミックインレー(e.max):45,000円

大臼歯セラミックインレー(e.max):50,000円

<全被覆冠>

ジルコニアセラミッククラウン:110,000円

※すべて税別となります

copy right Aozora Dental clinic


TOP