群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

症例 女性 20代 生活歯髄療法・MTA治療(歯科衛生士)

 

抜髄(歯の神経をとる処置)は歯の長持ちにとって不利になります。

歯科医療従事者であればこのことは理解し、現場での感覚としてわかっています。

今回は同業者である歯科衛生士さんに生活歯髄療法を行った症例です。

 

<治療前>

 

f20vpy001.caries

 

古い修復物を除去したところ、内部で大きな虫歯になっていました。

 

<治療中>

 

f20vpt001.rubber

 

う蝕検知液で染め出し、慎重に感染部の除去を行います。

 

f20vpt001.cav

 

感染部を除去したところ、歯髄腔まで達する深さでした。

 

<治療後>

 

f20vpt001.mta

 

MTAセメントで穿孔部を慎重にふさぎます。

 

f20vpt001.cr

 

コンポジットレジンで封鎖しました。

この後、修復処置に移行します。

 

 

<患者さんの感想>

私は普段歯科衛生士として働いています。10年ぶりに歯科を受診しましたが、恥ずかしながらむし歯が見つかり通院しています。
かぶせ物をしてあった歯が、2次的にむし歯になってしまっていました。かぶせ物を外すと虫歯が進行していて、虫歯の部分をすべて取りきろうとすると、神経までとても近い状態になり、神経を取らないといけなくなるかもしれないと説明を受けました。
歯科衛生士として、今までたくさんの患者さんと関わってきましたが、神経を取ってしまった歯のリスクはかなり大きなものがあります。神経を取ることで、歯がもろくなり歯根破折のリスクが高くなります。その他にも、歯が変色を起こしたり、根管治療の難しさから再治療が必要になることもあります。
私は治療が歯に痛みの自覚症状がなかった為、先生から説明を受け、MTAセメントを使用して神経を残すことができる治療を知りました。MTAセメントでの治療は、高いパーセンテージの結果が出ていることも先生から説明されました。その治療によって、私の歯は神経を取らずに残すことができました。
私は、勉強不足でMTAセメントについての知識がありませんでした。歯科衛生士として、患者さんのためにも自分自身がもっと多くの知識をつけることが大切だと思いました。神経を残すことで歯の寿命をのばせる可能性が高まることを、多くの方に知ってもらう必要があると感じました。   (M.H様 女性)

 

<担当医コメント>

 

まずは大前提として虫歯は唾液中の細菌によっておこるので、処置の環境整備として細菌を排除するための「ラバーダム防湿(症例写真の青いバックで写っているところです)」を行うことを基本としています。

 

更に治療にあたっては虫歯(=感染)の取り残しがないように除去することが重要です。

 

しかし虫歯が深い場合感染をすべて除去すると 歯の中の神経(=歯髄 )が露出してしまう(=露髄)ことがあります。

 

このときの選択肢として

神経を除去する方法(=抜髄)と、

歯髄を温存する方法(=MTAセメントを用いた生活歯髄療法:健保適用外)

があります。

 

抜髄を行うと高い確率で痛みをコントロールすることができますが、

①知覚がなくなり歯の異常が感知しにくくなる

②切削量が多くなり歯の強度が落ちるため破折のリスクが高くなる

③歯の奥まで触ることになるため内部の感染のリスクが高くなる、

というデメリットが発生します。

 

一方MTAセメントを用いた生活歯髄療法を行うと上記の抜髄に伴うリスクを低減することができます。

各種の研究によると、90%程度(※1.2文献にもよりますが80~97.9%の成功率)の確率で神経を保存することが期待できます。

(※逆に言うと10回に1~2回は抜髄に移行する可能性がありますのでご留意ください。)

 

また生活歯髄療法で使用する覆髄材の違いによる長期予後については、MTAセメント(健保適用外)を用いた生活歯髄療法は健康保険で使用できる材料に比べて高い成功率(3年予後で80% vs 45%)であったとの報告(※3)があります。

 

これらのことから虫歯が深くても、歯の長期予後を考え抜髄せずに済む生活歯髄療法を選択するか、感染をしっかり除去した際に保険でできる処置にするか検討が必要となります。

 

治療方針を決定する際はご自身の歯の健康についてよくお考えのうえご検討ください。

 

類似症例(生活歯髄療法・間接覆髄)の治療動画です。

ご検討の際にご参考にしてください。

 

 

類似症例(生活歯髄療法・直接覆髄)の治療動画です。

ご検討の際にご参考にしてください。

 

<治療費用>

顕微鏡下で行うMTA生活歯髄療法:50,000円/歯(自由診療)

 

う蝕に対する処置を保険外で行った場合にはかぶせ物(=歯冠修復)も健康保険の適応から除外されますのでこちらも自由診療となります。

 

詳しくは下記セラミック治療のページをご覧ください。

 

 

参考文献
※1 Bogen G,Kim JS,Bakland LK et al:Direct pulp capping with mineral trioxide aggregate:an observational study,J Am Dent Assoc,139:305-315,2008
※2 Mente J.et al.Treatment outcome of mineral trioxide aggregate or calcium hydroxide direct pulp capping: long-term results.J Endod. 2014 Nov;40(11):1746-51
※3 Mente J, J Endod, 36 (5) : 806-813, 2010.

copy right Aozora Dental clinic


TOP