群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

症例 男性 30代 生活歯髄療法

抜髄(歯の中の神経を取る治療)を行うことは歯の長持ちに対して不利になります。

当院では歯の長持ちのためにできる限り神経の保存に努めています。

 

<治療前>

 

m30vpt001.1

 

 

旧修復物を除去したところ、虫歯がかなり深く進行していました。

 

<治療中>

 

m30vptoo1.cdt

 

むし歯を除去したところへの再感染を防ぐためにレジン隔壁とラバーダム防湿下で処置を行う。

う蝕検知液を用いて、慎重に感染部の除去をを行う。

 

m30vpt001.cav

 

感染部を除去し終えたところ、歯髄腔に達するう蝕であった。

 

m30vpt001.mta

 

抜髄を回避するため生活歯髄療法を選択。

直接覆髄材にはMTAセメントを使用。

 

<生活歯髄療法 終了後>

 

m30vpt001.cr

 

MTAセメント硬化後、コンポジットレジンで埋め立てを行う。

この後、歯髄反応の経過を確認し、セラミックインレー処置に進んだ。

 

<治療感想>

m30vpt001

 

歯科医師です。

歯科医師として仕事をしている中で歯髄の重要性を強く感じており、自身も歯髄の保存を優先した治療を心がけています。

この世界で仕事をしていると歯科業界の良い面・悪い面が見えてしまい、自分が治療してもらう時は本当に信頼できるDrでないと任せたくないという気持ちがありました。

そのため、大きなう蝕があることは自覚していましたがお恥ずかしいことに治療はしていませんでした。

その折たどり着いたのがあおぞら歯科での治療です。

歯髄の保存をエビデンスに基づいて第一に考えている治療は自身も強く共感できるところであり、この度治療していただく運びとなりました。

同僚からも「もう(歯髄を残すことが)厳しいんじゃないの?」と言われていたう蝕でしたがとても丁寧に治療していただき、現在全く問題なく経過しています。

こちらで治療して頂いて良かったと心から感じています。

ありがとうございました。

今後もよろしくお願い致します。

(個人の感想です)

copy right Aozora Dental clinic


TOP