群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

症例 男性 30代 生活歯髄療法・MTA治療(歯科医師)

抜髄(歯の中の神経を取る治療)を行うことは歯の長持ちに対して不利になります。

当院では歯の長持ちのためにできる限り神経の保存に努めています。

今回は同業者である歯科医師に生活歯髄療法を行った症例です。

 

<治療前>

 

m30vpt001.1

 

 

旧修復物を除去したところ、虫歯がかなり深く進行していました。

 

<治療中>

 

m30vptoo1.cdt

 

むし歯を除去したところへの再感染を防ぐためにレジン隔壁とラバーダム防湿下で処置を行う。

う蝕検知液を用いて、慎重に感染部の除去をを行う。

 

m30vpt001.cav

 

感染部を除去し終えたところ、歯髄腔に達するう蝕であった。

 

m30vpt001.mta

 

抜髄を回避するため生活歯髄療法を選択。

直接覆髄材にはMTAセメントを使用。

 

<生活歯髄療法 終了後>

 

m30vpt001.cr

 

MTAセメント硬化後、コンポジットレジンで埋め立てを行う。

この後、歯髄反応の経過を確認し、セラミックインレー処置に進んだ。

 

<治療費用>

 

 

生活歯髄療法とこの後のセラミック修復で約9万円。

copy right Aozora Dental clinic


TOP