群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

症例 40代 女性 矯正治療・セラミック治療

 

かぶせ物を入れるときは、必要な力学的要件について配慮しなければ長期に良好な経過を得ることは難しいです。

今回は歯周処置と矯正治療を併用してかぶせ物を維持するために必要な環境整備を行った症例を紹介します。

 

<治療前>

 

 

 

一見それなりなかぶせ物が入っているように見えますが、細かく見ると元々の向きがそろっていない歯をかぶせ物で一列にそろえてあります。

元の歯の向きとかぶせ物の歯の向きがずれていることは歯への負担を大きくします。

 

<治療中>

 

 

かぶせ物と虫歯の感染部を除去したところ、歯はほとんど歯ぐきの中に隠れてしまっています。

これではかぶせ物をしっかり支えることができないので、かぶせ物が取れたり歯根が折れたりするリスクがあります。

 

 

歯周外科処置を行い歯ぐきの中に隠れている歯をしっかりかぶせ物を支えられるところまで見えるようにしました。

 

 

 

残っている歯の形から類推し、仮歯で元の歯の向きを再現しました。

 

 

ばらばらの方向の歯を矯正を行い向きを揃えます。

 

 

 

<治療後>

 

 

かぶせ物が維持できる環境を整えてから最終のかぶせ物を製作します。

ただ削ってかぶせるだけでなく、長期維持に必要な要件と現状で不足しているものはなにか、そしてどんな方法で解決できるのか、を考えることが重要です。

そして大事なステップをしっかりクリアすることが大事なので、時間がかかっても治療を最後まで受けていただきたいと思います。

 

<治療費用>

 

 

部分矯正治療とかぶせ物で約50万円

 

 

 

 

copy right Aozora Dental clinic


TOP