群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

症例 40代 女性 矯正治療・セラミック治療

 

かぶせ物を入れるときは、必要な力学的要件について配慮しなければ長期に良好な経過を得ることは難しいです。

今回は歯周処置と矯正治療を併用してかぶせ物を維持するために必要な環境整備を行った症例を紹介します。

 

<治療前>

 

 

 

一見それなりなかぶせ物が入っているように見えますが、細かく見ると元々の向きがそろっていない歯をかぶせ物で一列にそろえてあります。

元の歯の向きとかぶせ物の歯の向きがずれていることは歯への負担を大きくします。

 

<治療中>

 

 

かぶせ物と虫歯の感染部を除去したところ、歯はほとんど歯ぐきの中に隠れてしまっています。

これではかぶせ物をしっかり支えることができないので、かぶせ物が取れたり歯根が折れたりするリスクがあります。

 

 

歯周外科処置を行い歯ぐきの中に隠れている歯をしっかりかぶせ物を支えられるところまで見えるようにしました。

 

 

 

残っている歯の形から類推し、仮歯で元の歯の向きを再現しました。

 

 

ばらばらの方向の歯を矯正を行い向きを揃えます。

 

 

 

<治療後>

 

 

かぶせ物が維持できる環境を整えてから最終のかぶせ物を製作します。

ただ削ってかぶせるだけでなく、長期維持に必要な要件と現状で不足しているものはなにか、そしてどんな方法で解決できるのか、を考えることが重要です。

そして大事なステップをしっかりクリアすることが大事なので、時間がかかっても治療を最後まで受けていただきたいと思います。

 

<治療感想>

 

 

前歯のかみ合わせが気になりご相談したことから、総合的な歯の悩みに取り組んでいただくこととなりました。

見た目だけではなく目的は、歯を長く使いたいということをお伝えし、矯正、移植を含む長期の治療となりましたが、長年の悩みであった歯並びが原因と思われる不快感もなくなり、歯磨きもしやすくなりました。

(院長注:全顎的な治療のなかで自家歯牙移植も行いましたが、今回は前歯だけに焦点を当てた症例紹介となります)

何より、様々な治療を行うたびに不安で色々と質問を浴びせる私に、丁寧に、納得するまで説明をして下さったことが、安心してお任せできたポイントでした。

これからもメインテナンス等でお世話になりますが、より長い間、自分の歯とおつきあいして行けるよう、アドバイスをいただいていきたいと思います。

(個人の感想です)

 

 

 

copy right Aozora Dental clinic


TOP