群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

こだわりの滅菌消毒システム

治療で使う器具は 滅菌処理しています

ピンセット、 歯科用ミラー、 抜歯用鉗子 などの治療用器具は、多くの歯科医院で 高圧蒸気滅菌(オートクレーブ) が行われています。

あおぞら歯科クリニックでは  さらに 歯科用ユニット (診療台)に 取り付けられる ハンドピース と呼ばれる機械では、内部まで滅菌消毒されるクラスBオートクレーブ(DAC プロフェッショナル)、クラスSオートクレーブ(DAC ユニバーサル) などを使用し、高度な滅菌管理のもと皆様の治療にあたっています。

滅菌できないものは、ディスポーザブルにして対応います

またうがい用コップやエプロン、治療用グローブなどは、多くの歯科医院がディスポーザブル (使いきり) にしています。

あおぞら歯科クリニック ではこれらの対策をおこなったうえ、 さらに患者さんの 口腔内を洗浄するための 3ウェイシリンジ の先端部分や、口腔内清掃用の回転歯ブラシをも ディスポーザブル(使いきり) にし、万全の体制を整えています。

あおぞら歯科クリニックでは、 入れ歯や仮歯の製作 ・修正 に使用する筆は ディスポーザブル(使いきり)としています。
一般的な歯科医院では、ディスポーザブル対応を行っていることが少ないのが現状です。
あおぞら歯科クリニックでは、このように患者さんに見えない部分であっても、 院内感染予防対策 を徹底しています。

あおぞら歯科クリニックでは滅菌処理ができない 器具・器械への感染防止対策 として、患者さんの診療開始直前にドレープ(覆い)やスリーブ(カバー)をかけて対応をしています。

 

治療中に触るところ、滅菌できないところはドレープをしています

歯科臨床の現場においては、患者さんの口に入れたグローブの手で 様々な器具・器械を触れる事が多くなります。
通常の歯科医院では、前の患者さんの口に入れた グローブの手で触った 様々な器具・器械を、 消毒液(主に消毒用アルコール) を用いて清拭しているのが現状です。
あおぞら歯科クリニックでは これだけでは不十分と判断し、各患者さんの1回の治療ごとに ディスポーザブル(使いきり) の バリアフィルム を器具・器械に巻きつけることにより、さらに高度な 感染防止対策を行っています。

copy right Aozora Dental clinic


TOP