群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

当院で行っている治療の取り組みについて

 

むし歯治療

 

むし歯治療の基本は「感染部をとり切ること」と「しっかり封鎖すること」です。

 

感染部は肉眼では判別が難しいため「う蝕検知液」と呼ばれる検査薬で感染部を確認して除去いたします。

肉眼で感染部をしっかりとることは限界があり、拡大視野での治療が必要となります。

あおぞら歯科クリニックでは 2.5~8倍の医療用ルーペ歯科用顕微鏡 を併用し拡大精密治療を行っています。

 

しっかり封鎖するための最も重要な点は「防湿」です。

防湿とは唾液の侵入や呼気による湿度の上昇を防ぐことで、再感染や封鎖時の接着力低下を抑えます。

あおぞら歯科クリニック ではラバーダムやZooなどを使い、封鎖の確実性を高めるようにしています。

 

歯周病治療

 

歯周病予防 として、歯周病が悪化しないように管理をしていくことが最も負担が少なく効率はよい方法です。

しかし、進行した歯周病は 予防・メインテナンス では改善をしません。

基本になるのは 感染の除去 と 再感染しにくい環境整備 となります。

感染の除去はいわゆる 歯石とり です。

再感染しにくい環境整備は ブラッシング指導、適合の良い修復物の装着、歯周外科(歯周形成外科や歯周再生療法)などを行います。

あおぞら歯科クリニック では歯周病の進行を食い止めるべく歯周病学会のガイドラインに則った歯周病治療を心がけています。

 

矯正治療

 

患者さん目線からすると矯正治療は審美治療(または不本意ですが美容術)ととられがちです。

あおぞら歯科クリニック の提案する矯正治療は、咬合機能の回復や清掃性の改善などが主眼となります。

咬合機能や清掃性の向上は、上記の むし歯 や 歯周病 への対応を簡便にします。

ですから、あおぞら歯科クリニック では小児はもちろんのこと成人の方にも積極的に矯正治療を提案いたします。

長く歯を健康に保つために非常に有効な手法ですので、治療によって得られる利点をぜひ担当医にお尋ねください。

 

しかし矯正治療は非常に難しい知識とテクニックが必要になります。

あおぞら歯科クリニック では日本矯正歯科学会認定医による治療を行っており、幅の広い症例に対応しています。

また、通院の都合などで紹介が必要な場合も日本矯正歯科学会認定医の医院と連携をしています。

 

インプラント治療

 

歯がなくなってっしまった場合、ブリッジ、入れ歯(床義歯)、インプラントなどで欠損部の機能と形態を回復します。

 

ブリッジは両隣の歯をつなげてかぶせることで固定式になりますが、かぶせる過程で両隣の歯を削らなければなりません。

入れ歯(床義歯)は隣の歯に金具で引っ掛けて固定するため歯をほぼ削らずに済みますが、清掃時には取り外しが必要です。

そしてこのブリッジ、入れ歯に共通する問題点は他の健康な歯に力を負担してもらう必要があるということです。

イメージとしてはお神輿(欠損部の歯)を担ぎ手(他の健康な歯)が担ぐ形です。

担ぎ手にとっては自分以外の歯にかかるべき力を肩代わりし続けることで大きな負担になります。

 

インプラントは上記のようなブリッジ(力の負担+削るダメージ)や入れ歯(力の負担+取り外しの手間の負担)とは違い、

両隣の歯を削ったり、取り外しの不便もなく、且つ力の負担をほかの歯に求めることがないため、

快適でありながら自身の歯の長持ちにも貢献する治療法となります。

★詳しくはこちら★

 

予防歯科

 

この「治療について」というページで 予防歯科 を取り上げることに違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

どのような名医が行う治療も必ず限界があるため、治療単体では健康は語れないということを知っていただきたいと思います。

(「俺の治療は絶対再発しない!」というDrはいません。上手ければ上手いほどわかっているはずです。)

一方、治療をせずにすみ予防だけで対応できる症例ばかりではないことも多く見受けられます。

このようなことから、あおぞら歯科クリニック では 治療 と 予防 は一体のものであると考えています。

 

むし歯や歯周病に一度かかってしまうと、元の健康な状態に戻すことはとても難しくなります。

むし歯であれば穴の空いたところを人工物(金属やセラミック等)に置き換えることが限界ですし、

歯周病であればそれ以上進行させないようにすることが治療のゴールとなります。

インプラントは自分の歯と同等の機能と形態を回復できますが、結局は骨に人工物を留めているだけなので

自分の歯が戻ってくるわけではありません。

 

本当に患者さんのためになるのは、

「『虫歯を丁寧にきれいに直すこと』より『虫歯にならないようにすること』」であり、

「『歯周病を高度なテクニックで治すこと』より『歯周病を重症化させないこと』」、

そして「『上手なインプラント治療を受けること』より『インプラントにならないようにすること』」です。

 

そのためには悪くならないような予防を習慣づけることが重要となります。

そしてすでに悪くなってしまったならば、その後に予防を行うことを前提に治療に取り組むことが必要です。

 

 

 

copy right Aozora Dental clinic


TOP