群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

症例 男性 30代 自家歯牙移植・インプラント

 

人工物であるインプラント。天然の自分の歯。

移植orインプラントでなく、移植&インプラントで インプラントを最小に抑えました

 

<治療前>

 

左右奥歯が虫歯が深く抜歯が必要で、さらに左奥歯にすでに欠損している部位がありました。

両隣を削るブリッジを回避したいとの意向だったので、通常であれば合計3本のインプラントが必要になります

通常であれば3本インプラントを適用するか、両隣を削って銀歯にするブリッジでの治療となります。

 

<治療計画>

 

今回は機能していないおやしらずが2本あったため自家歯牙移植を併用し、インプラントは1本としました。

現在術後7年以上経過しますが、自分の歯と同様に機能しています。

 

<治療後>

 

できるだけ自分の歯でいられることで長期的にいい状態を保ちやすいです。

 

<治療感想>

 

氏名 R.I 男 年代 30代

20代から虫歯の治療をしていたが、修業が忙しいことと、貧乏でそれから歯医者に対する不信感から通院せず、

そのうちどんどん歯がボロボロになった。

30代前半の頃、数本を抜歯せずにはいかなくなり、数件の歯科に通ったが、納得する治療法を提案してくれる医者はいなかった。

インプラントではとても払えない金額、ブリッジではまったく意味不明な治療法、抜いたままでは歯並びが、など難しい状態だった。

そんな時岡田先生とクリニックで出会い、移植治療にチャレンジしてみましょうとの提案があった。

奥歯の親不知を抜歯した後すぐ移植するという難しい治療だ。

医者としてはリスクが多いのにあまり儲からないと思う。

しかし本人の歯を使い続けるというコンセプトはとても大切な考えだと思った。

結果すでに7年以上その2本の歯は自分を支えている。とても良い治療法だと思っている。

とにかく歯をなめてはいけない。悪くなると何もできない。どんどん悪くなる。

すぐに治療し、定期健診を3か月に一度は受けておきたい。だめなら半年に一度は受けておきたい。悪くなればとても大変だからだ。

(個人の感想です)

copy right Aozora Dental clinic


TOP