群馬県高崎市でインプラント治療なら「あおぞら歯科クリニック」

症例 女性 50代 矯正・セラミック治療

 

かぶせた歯が長持ちするためには、力学的・構造的に適正な形にする必要があります。

かぶせものの種類も良いに越したことはないですが、力学的に必要な要件を満たしてこそ その真価が発揮できます。

今回は前歯の審美障害に対して矯正とセラミック冠を併用した症例を紹介いたします。

 

<治療前>

 

  

 

真ん中から2番目の前歯(側切歯といいます)が、内側に傾いています。

前歯を治すためには

① 矯正して歯並びを治してから差し歯を作り替える

② 抜いて両隣をつなぐブリッジ

③ 歯は内側にいるが差し歯を外に曲がった形で両脇と位置を揃える、のどれかです。

 

② で抜くのはもったいないし、③ は明らかに無理した形で機能や清掃性で不利になります。

① で最も自然な形に治すことになりました。

 

<治療後>

 

  

 

矯正をして歯の自然な向きに対してかぶせものをすることができました。

審美的に改善することはもちろんですが、歯に無理な力がかからず歯の長持ちにも有利に働きます。

治療期間がむやみに延びるのは良くないですが、期間短縮のために「一日で矯正ができる」という言葉にのって、

全部の歯を向きだけ揃えて削って差し歯にする治療では長持ちは期待できません。

長く良い状態を保つためには生体の本来持っている形を再現することは有利であり、そのためには矯正は効果の高い方法です。

 

<治療感想>

 

氏名 F.N 女性 50才代

 

歯並びが悪くて、人前で笑ったりするのがいやですごく気になっていました。

子供でないと矯正できないと思っていたのであきらめていたのですが、大人でもできると聞き、治療を始めました。

約3年かかりましたがとっても良くなって満足しています。

口元が変わるだけで顔つきも良くなり歯みがきも楽になり、とっても感謝しています。

3年間がんばってよかったと思っています。

(個人の感想です)

copy right Aozora Dental clinic


TOP